【初心者向け】アンプの種類について、必要な知識から雑学まで全てお伝えします

ギター、ベースを始めたばかりの方、たくさん機材があって覚えられないですよね。

今回は機材の中でも重要なアンプについて紹介していこうと思います。

アンプの種類

アンプには大きく分けてスタックアンプとコンボアンプがあります。これはギターベース共通です。

スタックアンプ

スタックアンプというのは、ヘッドアンプとキャビネットに分かれているアンプをまとめて呼ぶときに使います。

これがスタックアンプですね。でも実際のところスタックアンプと口にすることは少ないです(;^ω^)常識程度に知っておくと良いですね。あとは欲しいアンプがスタックアンプなら、ネットで検索する時とかにも使えるかもしれません。

ちなみに画像のアンプはMarshallのスタックアンプで、JC-120というアンプと並んでライブハウスなんかによく置いてある真空管アンプです。

真空管と歪みが好きな人はこれ、エフェクターを使ったりどこでも同じ音を出したい人はJC-120みたいな感じです。

注意点としては、ヘッドアンプとキャビネットはスピーカーケーブルというギターシールドとは違ったケーブルで接続します。

扱う信号の大きさが違うので絶対にシールドは使わない様にしましょう。ケーブルが発熱したりアンプのヒューズが飛んだり、最悪アンプが壊れます。

他にもヘッドアンプの出力インピーダンスとキャビネットのインピーダンスが合わないと壊れてしまう事があるので、ちゃんと確認しましょう。

ヘッドアンプ

スタックアンプの中で、上に乗っかているのがヘッドアンプです。

これ自体で音を出すことは出来ず、キャビネットと組み合わせて使います。ヘッドアンプ自体の機能はギターやベースの信号を増幅、帯域調節することで音色はここで決まると言っても過言ではありません。

キャビネット

ヘッドアンプの下にあるいかにもスピーカーっぽいのがキャビネットです。

これもヘッドアンプと同じで単体では音は出ません。

ヘッドアンプで増幅した信号を音として出音する機能しかなく、本当にただのスピーカーです。

ですがただのスピーカーと侮るなかれ。

外箱の構造によってかなり音が変化します。

一定価格以上のキャビネットには大抵セレッションというメーカーのスピーカーが使われていて、キャビネットのメーカーごとで違うのは外箱のみです。

例えば高級アンプで有名なBognerとそこそこの値段のOrangeキャビネットには同じ型番のスピーカーが使われている機種もあります。ですがいざ音を出してみると音色が違う。

つまり外箱の影響がとても大きいという事です。

初心者に向けた記事なので詳しくは別記事で解説しようと思いますが、キャビネットの構造には密閉型と開放型がある、という事を覚えていただければ結構です。

ご覧の通り上の画像が開放型、下が密閉型ですね。

コンボアンプ

コンボアンプはヘッドアンプとキャビネットが1つの同じ箱に入っているアンプです。

単体で音を出せるので持ち運びやすさや使い勝手からコンボアンプの普及率はかなり高いです。

コンボアンプと呼ばれる由来はよく分かりませんが、プリアンプ部とスピーカーで1コンボ2コンボみたいな感じじゃないですかね。はい。

画像のアンプは先ほど名前の出たJC-120です。

先ほどのMarshallとは違って真空管ではなくトランジスタによって増幅するアンプで、出音に癖が無くエフェクターと相性が良かったり、クリーンアンプとして使ったりとMarshallとは真逆のアンプです。

一応歪ませることも出来ますが、あまり評判は良くないので歪ませるならやはりエフェクターで、という感じです。

センド・リターン

家庭用のアンプについている事は少ないですが、中~大型のアンプと一部の家庭用アンプに搭載されている端子です。

ヘッドアンプ部に搭載されている端子で、スタックアンプならヘッドアンプ、コンボアンプならプリアンプ部に付いています。

それでセンド・リターンって何ぞや、という話ですが、まずはこちらの画像をご覧ください。

ちょっと見にくいかもしれませんが勘弁してください(;^ω^)

予備知識としてプリアンプ回路で音色を作って、パワーアンプでは信号の増幅のみを行っています。

図の通りセンド・リターンはプリアンプとパワーアンプの間にあって、センドリターンを使わない場合は導通します。

センド端子からはプリアンプで味付けされた音が出音され、リターン端子へはパワーアンプに入力出来ます。

何に使えるのかという話になりますが、例えばセンドリターンに空間系、モジュレーション系エフェクターを噛ませると綺麗にかかります。

空間系、モジュレーションエフェクターの後に歪ませると音が汚くなるんですが、プリアンプ部で歪ませているとどうしても歪み回路を通ってしまいますよね。

そこでプリアンプ回路の後に空間系、モジュレーション系を通すことで歪み回路を回避できる、という仕組みです。

他にも使い道があって、リターンのみ使うという方法です。リターン挿しという方法で、一時期は流行っていました。

使う部分はパワーアンプの回路とスピーカーだけで、プリアンプは使いません。

何が利点かと言うと、リターンから直接信号を入れる事でプリアンプという味付け部分を通らないのでどこでも同じ音が出せます。

例えばプリアンプエフェクターやプリアンプをリターン挿しすれば大きなヘッドアンプを持ち込んだり、その都度アンプで音作りをする必要が無くなります。

なかなか面白い機能なので使う機会があればやってみてください。

ギターアンプとベースアンプ

ギターとベース、当然ですがそれぞれ専用のアンプがあります。

違いはコントロールの種類と調整できる帯域です。

ギターアンプ

この画像はよくあるギターアンプのコントロールです。

トーンに関するコントロールは主に、トレブル、ミドル、ベースの3つです。

大型のアンプだとプレゼンスというトレブルより高い帯域を調整できるコントロールもあったりします。

後はボリュームと歪み系アンプならゲイン、リバーブやその他エフェクトを搭載しているアンプもあります。

ベースにも使えない事はないですが、基本的に扱う帯域が違うので練習で仕方なく使うといった状況以外は使い分けるのが無難です。

ベースアンプ

これがベースのヘッドアンプの画像です。

ちょっと遠目ですが、ギターアンプとは違うコントロールがありますよね。

トーンに関するコントロールはギターと同じ3ノブ構成のアンプもありますが、少し高めのアンプだったりライブ向けのアンプには画像のようなスライド式のコントロールが付いています。

これは各帯域の大きさでベースの音色の印象が変わるので、かなり細かく調節出来るようになっています。

他にもギターアンプと違ってコンプレッサーというベースによく使われるエフェクト機能付きのアンプも多いです。

ちなみにギターアンプと違ってベースアンプにギターは使えたりします。

FenderのBass manという有名なアンプがありますが、著名なギタリストがギター用に使ったことでギターアンプ扱いに、なんてこともあったりします。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

これだけ覚えておけばアンプの知識はかなり付いたと思います。

ギターやベースを始めたばかりの学生の方はバンド仲間に自慢してみると良いかもしれませんw

最後まで読んでくださってありがとうございました(^▽^)/

コメント欄は不特定多数の方の目に触れる場所です。丁寧なやり取りの心がけをお願いいたします。

 

スパム対策のためコメントは認証制にしています。反映に時間がかかってしまいますが、ご容赦ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました