製作日記3 最近Vemuram myriad fuzzの依頼が多い件について

今回は特に何を作るわけでもなく本当にただの日記です。以降もこういうのをちょくちょく書くかもしれません。

それで本題ですが、最近myriad fuzzの依頼が本当に多いです。しかも回路図が出ていないのでその度に丁重にお断りしているんですが、それにしても多すぎます…

今までこんな事なかったのでびっくりついでに記事を書いていますはい。

myriad fuzz自体はそこそこ前からあった印象ですが、なぜ今になってこんなに人気が出たんでしょうね。

確かに中古は少ないですが、調べた限りだと新品も枯渇しているわけでは無さそうです。しかも中古相場と大して値段も変わらないという…

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

VEMURAM Myriad Fuzz【ご予約商品】
価格:41800円(税込、送料無料) (2021/5/24時点)


やっぱり急に人気が出てきたということはデジマートか何かの記事で取り上げられたのかなーと思いきやそんな記事も見当たりませんね。

Vemuramと言えばJan Rayと思っていた私には結構衝撃です。

本当になんでこんなに依頼が多いのか分からないです。

著名な方が使っているんでしょうか。流行りのエフェクターには疎いのでよく分かりません。

あれだけ依頼が多いと解析しようかとも思いましたが如何せん値段が値段ですよね…

驚異の40,000です(;^ω^)

まあブティックならこれが普通なんですかね。

話は逸れますが(むしろ戻ったのか?)自作系ブログなので中身の予想をしてみます。

まずツマミが2つという点ですね。トーンベンダーかFuzz faceが疑わしいですが、多分Fuzz Faceベースでしょう。トーンベンダーはまともに動作しませんし、安定性の面からもFuzz Faceベースだと思います。

そしてシリコンとゲルマニウムの2つのトランジスタを使用!とありますが、多分9VDCなのを見るにNPNのゲルマニウムの可能性もあると思います。VemuramにNPNとPNP両方を使用した回路を設計できるか少し疑問ですね。(侮りすぎですかね)

あとはトーンとバイアスというツマミがありますが、トーンは後付けでしょう。Fuzzの回路にトーン回路を混ぜ込むのは無理です。

バイアスはいつものコレクタ側に可変抵抗を入れているといった感じでしょうか。ただローノイズと言われているのでもしかすると違う箇所に入れてバイアスという名前を付けているのかもしれません。

直流域に可変抵抗はダメ!絶対!が口癖な私ですが、Vemuramならやりかねないなと思っています。バイアスの可変抵抗を固定抵抗にするとさらにローノイズに…なんてことが起こる可能性は十分あります。

一応回路は3パターンぐらい思いつきますが、多分この3つのどれかのタイプだと思います。

どなたか回路を解析してくれれば…と思いますが、値段も値段なのでしばらくは解析されないでしょう。海外ではある意味有名なVemuramなので、解析されるとしたら海外の方じゃないかなと思います。

流行りのエフェクターには疎い私ですが、回路図には常にアンテナを張っている私です。

追伸

ご覧くださった方から、YoasobiのサポートメンバーのAshさんが使っているからだというご指摘を受けたので多分これが原因らしです。

謎が解けました(;^ω^)

まとめ

今回は本当にただの雑談だったので特にまとめることは無いですが、まとめの見出しがあるとまとまる感じがするので無理やりまとめます。

最後まで読んでくださってありがとうございました(^▽^)/

コメント欄は不特定多数の方の目に触れる場所です。丁寧なやり取りの心がけをお願いいたします。

 

スパム対策のためコメントは認証制にしています。反映に時間がかかってしまいますが、ご容赦ください。

コメント

  1. アバター 名無し より:

    おそらくYoasobiのサポートメンバーであるAshさんがエフェクターボード の解説をしている際に、
    myriad fuzzをメインの歪みに使っていると言っていたからでは無いでしょうか?

    https://m.youtube.com/watch?v=CTgyP5caHjU

    • ぷらむ ぷらむ より:

      コメントありがとうございます^^
      Yoasobiのメンバーさんが使ってるからなんですか…
      凄い影響力ですね。如何せん流行りに疎いものでありがとうございます(;^ω^)
      謎が解けたので更新しておこうと思います。ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました